MENU
green

病院紹介

About us

院長挨拶

院長

 令和2年はコロナウイルスによる新型肺炎という、未曽有の出来事が日本・世界に起こりました。へき地医療拠点病院である当院でも、医療・保健・福祉介護・経営と様々な領域で問題が湧出しました。医療業界に限らず様々な分野が打撃を受け、未知のウイルスが原因とは言え「やりきれない日々」を送る方々が多いことに心を痛める日々です。
 前述の「やりきれない日々」のフレーズですが、【槍は切るものではなく通すもの】です。厳しい状況の中でも新たなことに挑戦し継続して成し遂げる「やりとおす」心構えを大切に精進すれば来年度にはいかに回復してきたかを記述できると信じています。
 院長就任、足助病院の理念〝想う医療〟を醸成する仕事を職員一同で〝やり通し〟はや一年の年月が流れました。 そして昨年お示しした三つの指針、
 1:終の住処を実現する :ご本人・ご家族の意向を組み入れた看取りの医療・介護サービスを病院のみならず近隣の施設を含め提供出来ました。
 2:教育の場を提供する :卒後数年目の医師を数多く受け入れ、地域住民の方々に教育していただく機会を提供出来ました。
 3:防災の拠点となる :職員から10名を超える防災士を輩出しました。
 これからも1,2,3の指針をぶれることなく有機的に発展させていきたいと勘案します。新規事業として既に試験的に取り組んでいる遠隔医療・電話による診察等、日々変化する今後の診療体系にも挑戦していきます。ソーシャルディスタンスを守りソーシャルキャピタルを進化させるため、業務にテレワーク・遠隔会議を導入していきます。更には、介護人材獲得のため外国人の方々へのアプローチも活性化させていきます。
 継承し継続し発展していかなければならないことが数多くあり楽しみがいっぱいです。
 令和2年の職員向けのスローガンは〝共想し共創する〟です。
 これからは「新しい生活様式」を実践しつつ病院運営も新たな高いステージに歩みを進め、職員一同、地域に大きく開かれた扉として精進を重ねて参ります。 今後も今まで同様末永く、ご指導・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

文責 足助病院長 小林 真哉

病院理念

一. 終の住処を継続するための医療
二. 自助・共助・公助し想い寄り添う医療
三. 共に集い近助する福祉・介護

患者さんの権利と責任

患者さんは地域医療を展開している足助病院の医療に対して、自由に意見を述べることができ、
患者参加型の医療を共にめざすことができる。

1.個人の尊厳
患者さんは、人格が尊重され人間としての尊厳を守られる権利があります。
2.平等な医療を受ける権利
患者さんは、良質で安全な医療を平等に受ける権利があります。
3.知る権利
患者さんは、病状・検査・治療について十分な説明を受ける権利があります。
4.自己決定の権利
患者さんは納得できるまで説明を受けた上で、担当医師、病院、あるいは保健サービス機関を自由に選択し、 自ら治療法を選択する権利があります。
5.個人情報が守られる権利
患者さんは、病院が知り得た情報を、患者さんの承認なしに第三者に提示されない権利があります。
6.参加と協同の責任
患者さんはこれらの権利を守るため、医療従事者と力を合わせて医療に参加・協力する責任があります。

病院概要

名  称
愛知県厚生農業協同組合連合会 足助病院
病 床 数
一般病棟  100床     地域包括ケア病棟 48床
療養床数
介護医療院 42床
敷地面積
13,530,40㎡
建  物
本館棟 鉄骨造(S造)地上4階 塔屋1階
南棟  鉄筋コンクリート造 地上3階 塔屋1階
駐 車 場
149台(身障者専用5台含む)

主要医療機器設備

  • 磁気共鳴コンピューター断層撮影装置
  • マルチカラーレーザー光凝固装置
  • コンピューター断層撮影装置
  • 各種電子スコープ
  • デジタルX線診断システム
  • レーザーメス(CO2レーザー、アルゴンレーザー)
  • 骨塩定量測定装置
  • 無菌手術室
  • 多項目自動分析装置
  • 介護入浴装置
  • 超音波診断装置

アクセス

交通機関

  • 名鉄三河線「猿投」駅下車 バスにて約30分
  • 愛知環状鉄道「四郷」駅下車 バスにて約40分

案内図

駐車場案内

駐車場案内