MENU
green

病院紹介

About us

院長挨拶

院長

『らしくあらん』

旧年の令和三年は、新型肺炎コロナが日本中を席巻し、自宅待機者が続出して十分な医療サービスを受けることが出来ない国民が出ました。国民皆保険の充実した医療環境に育ち、医業を営んでいる我々にもにわかに信じがたい事態でした。新しい生活様式・緊急事態宣言等を駆使しても制御しきれないウイルスの猛威に人智を尽くして立ち向かうしかありません。
そして、多くの犠牲を伴う日常生活での制限を個々が受け入れ励行してきたことの効果やコロナワクチン事業の急速な展開のかいもあり、昨年秋口には第5波の終息を見ることが出来ました。しかしながら世界を見渡せば、まだまだ油断できないような状況が報道されています。我々も第6波に備えて医療体制の充実・ワクチン接種三回目の準備に取り組んでいます。とはいえ、今後、最も重要なことは次なる流行を引き起こさない個々の意識・行動だと思います。
個人としても組織人としても気を引き締めて生活していきたいものです。

今年は寅年ですが、厳密に言えば壬寅(みずえのとら)です。
「壬」は「妊に通じ、陽気を下に姙(はら)む」、「寅」は「螾(ミミズ)に通じ、春の草木が生ずる」という意味があります。更に「壬寅」のイメージは厳しい冬を越えて芽吹き成長です。「壬寅」の年にはきっと新たな素敵な人と事象との出会いが待っています。
〝降り注ぐ想いで人々の心を波立てたい〟という人生観とそれを足助病院という組織に投影する意気込みで拝命した院長職は早四年目に入ります。
毎年職員向けに掲げるスローガン、令和三年は、〝相手の立場になり喜び、悲しみ、苦しみ、痛み等々を受け取ることにより、相手の痛みは自分の痛み、相手の喜びは自分の喜びになり相手と一つになれ〟とメッセージを込めての「自他を想う」でした。
令和四年はその文言の中の〝自〟を改めて見つめ直す「らしくあらん」といたしました。自他ともに昨年来の試練を糧に飛躍できる年になることを祈念します。


令和四年 足助病院長 小林 真哉

病院理念

一. 終の住処を継続するための医療
二. 自助・共助・公助し想い寄り添う医療
三. 共に集い近助する福祉・介護

患者さんの権利と責任

患者さんは地域医療を展開している足助病院の医療に対して、自由に意見を述べることができ、
患者参加型の医療を共にめざすことができる。

1.個人の尊厳
患者さんは、人格が尊重され人間としての尊厳を守られる権利があります。
2.平等な医療を受ける権利
患者さんは、良質で安全な医療を平等に受ける権利があります。
3.知る権利
患者さんは、病状・検査・治療について十分な説明を受ける権利があります。
4.自己決定の権利
患者さんは納得できるまで説明を受けた上で、担当医師、病院、あるいは保健サービス機関を自由に選択し、 自ら治療法を選択する権利があります。
5.個人情報が守られる権利
患者さんは、病院が知り得た情報を、患者さんの承認なしに第三者に提示されない権利があります。
6.参加と協同の責任
患者さんはこれらの権利を守るため、医療従事者と力を合わせて医療に参加・協力する責任があります。

病院概要

名  称
愛知県厚生農業協同組合連合会 足助病院
病 床 数
一般病棟  100床     地域包括ケア病棟 48床
療養床数
介護医療院 42床
敷地面積
13,530,40㎡
建  物
本館棟 鉄骨造(S造)地上4階 塔屋1階
南棟  鉄筋コンクリート造 地上3階 塔屋1階
駐 車 場
149台(身障者専用5台含む)

主要医療機器設備

  • 磁気共鳴コンピューター断層撮影装置
  • マルチカラーレーザー光凝固装置
  • コンピューター断層撮影装置
  • 各種電子スコープ
  • デジタルX線診断システム
  • レーザーメス(CO2レーザー、アルゴンレーザー)
  • 骨塩定量測定装置
  • 無菌手術室
  • 多項目自動分析装置
  • 介護入浴装置
  • 超音波診断装置

アクセス

交通機関

  • 名鉄三河線「猿投」駅下車 バスにて約30分
  • 愛知環状鉄道「四郷」駅下車 バスにて約40分

案内図

駐車場案内

駐車場案内